ハクサイの餃子 / 解決野菜のお助け野菜レシピ

冬の定番野菜の1つ、ハクサイで餃子を作ってみました。ご飯のおかずでも、お酒のおつまみでも、何でもOK。みんな大好き!混ぜて焼くだけの定番レシピです。

冬に作りたい!ハクサイの餃子

ハクサイの餃子イメージ

みんな大好きな餃子を作ってみました。冬だけに、ハクサイをメインにした餃子です。ハクサイが1つあると、色々なメニューができてとても使い勝手が良いですね。

スポンサーリンク
 

必要な食材と分量 (2~3人分)

食材 分量
ハクサイ 200g程度
豚挽肉 200g
長ネギ 少々
ニンニク 少々
ショウガ 少々
日本酒 少々
味覇 大さじ1
餃子の皮 適量
片栗粉 少々
ごま油 少々

肉と野菜は1対1を基本にすると、失敗が少なくなると思います。

今回もベースの味付けは、味覇を使いました。

料理の手順

ハクサイの仕込み

ハクサイを新聞紙に包むイメージ

ハクサイは新聞紙に包んで、日陰で5日間ほど陰干ししておきます。こうすることで余分な水分が抜け、ハクサイの味がしっかりします。

野菜をみじん切りにする

ハクサイ、長ネギ、ニンニク、ショウガなど、野菜類をみじん切りにしておきます。

豚挽肉をこねる

豚挽肉だけをこねるイメージ

豚挽肉だけを、粘りが出るまでこねます。こうすることで、みじん切りにした野菜や調味料が、混ざりやすくなります。

全てを混ぜ合わせる

全ての具材と調味料を混ぜたイメージ

野菜と調味料を入れ、混ぜ合わせます。最後に片栗粉を少々まぶし、こねておくと、ドリップが出るのを最小限に抑えることができます。

餃子の皮に包む

餃子の皮に種を包んだイメージ

具を餃子の皮に包んでいきます。お好みでチーズ、キムチ、味噌などを入れると、味の変化を楽しめますね。

フライパンで焼く

餃子をフライパンで焼くイメージ

フライパンに包んだ餃子を置き、底が浸るくらいの水を入れます。少量のごま油を入れてから、ふたをして火を付けます。

フライパンを熱する前にこのような手順を踏むと、失敗が極端に少なくなります。

完成

餃子の完成イメージ

焼き上がったら少量のごま油を回しかけ、焼き目を付けてから盛り付けます。ご飯のおかず、ビールのおつまみ、何でもありですね。

中途半端に余ったハクサイも、このように充分美味しく使えました。

ハクサイの餃子で使った野菜を詳しく知る

ハクサイ
ハクサイの栄養と効能

アブラナ科アブラナ属のハクサイと言えば、冬のあったかいお鍋の「名脇役」。もちろん、お鍋の具だけでなくいろいろな料理に活躍する、栄養素が豊富なお野菜です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

美味しそう!ためになった!と思ったら、このレシピをぜひシェアしてください

解決野菜のフィード登録はこちらから

ハクサイの餃子と同じ特徴を持つレシピはこちら

全てのお助け野菜レシピを見る

スポンサーリンク