疲労回復の一番の方法は、疲労を溜めない体づくりをすること!そのヒントをまとめてみました!

疲れイメージ

スポンサーリンク
 

はじめに

いつも一生懸命、頑張り屋さんのあなた。長引く疲労から目を背けて、ヘトヘトの体に鞭打ってませんか?

次の日に疲れが残っていると、集中力の低下から仕事の効率もぐんと落ちてしまいます。歳を取ると疲れが取れるのにも時間がかかります。重い体を引きずって仕事に向かうのは、つらいですよね。

マッサージに何度通ってもなかなか取れない疲労を回復する方法。実はあったんです!疲れを取るには、「疲れを溜めない体」をつくることが大切です。生活習慣と食生活をほんの少し見直すだけで、疲れを知らない元気な体を取り戻すことができるのです。

疲労の原因は自律神経の疲れ

なかなか疲れが取れない、夜しっかり眠れない、肩こりや体が重いなど、症状は様々ですが、この疲れが抜けない原因のだいたいは自律神経の疲れ、乱れです。

自律神経は、内臓が正しく動くために指示を出す働きをしているので、自律神経が乱れると、次のような様々な症状が出てしまいます。

ストレス、イライラ、ネガティブな思考

ストレスイメージ

自律神経の乱れは、心の不安定を引き起こします。集中力が落ちたり、無気力や倦怠感、すぐにイライラしたりネガティブ思考になってしまったりと、心理的な症状があらわれます。

食欲不振や頭痛など体の不調

体の不調イメージ

内臓にうまく指示が届かず、免疫力が低下してしまうので、消化が悪くなったり、便秘、下痢を引き起こしたり、体調不良などを引き起こして疲労感を感じます。

この症状は疲れからくる自律神経の不調だけが原因とは限らないので、あまりにも症状が続くようなら医療機関に行ってしっかりと診断をしてもらう必要があります。

疲労を取るためにしたほうがよいこと

できることなら、長引く疲れとはおさらばして、すっきりと明日を迎えたいものですよね。ここでは疲れを解消するために、疲労回復に効果のある方法をご紹介します。

様々な方法がありますので、ご自身に合った方法を見つけてください。

しっかりと睡眠を取る

睡眠イメージ

疲れを溜めてしまう原因として、睡眠不足や正しい睡眠が取れていないことがあります。寝るときは部屋を真っ暗にし、テレビなどを消して静かな環境をつくりましょう。暗くすることで睡眠に必要な物質が分泌され、良質な眠りを導きます。

寝る前にテレビやスマホの画面を見ると、交感神経が活発になり脳が興奮してしまい、なかなか眠りにつくことができなくなってしまいます。リラックスして眠れる環境をつくりましょう。

栄養のある食事

栄養のある食事イメージ

疲れをとるためには、栄養バランスの取れた食事は欠かせません。外食やコンビニなどの食事が続くと栄養が偏り、疲れを溜めてしまう原因となります。

タンパク質やビタミンは疲労回復に効果があるので、積極的に摂るようにしましょう。

ゆっくりとお風呂に入る

入浴イメージ

湯船に浸かってゆっくり入浴することにより、血行が促進し、リラックスの効果もあります。シャワーで済ますのを控えて、40度弱のぬるめのお湯に30分ほど浸かり、体をマッサージしてあげましょう。

汗と一緒に老廃物も流すことで気分転換にもなり、心の疲れも癒すことができます。

ストレッチやマッサージ

マッサージイメージ

ストレスや疲れが溜まっていると、体がこわばって硬くなってしまいます。体や筋肉が固まってしまうと血流が悪くなり、必要な栄養素が行き渡らなくなってしまいます。ストレッチやマッサージをすることによって体の筋肉をほぐし、血流を良くしてあげることで栄養素をより多く送ることができます。

入浴後など体が温まっているときに、ゆっくりと時間をかけて行いましょう。

疲労回復に効く食べ物、飲み物

疲労回復には栄養補給が欠かせませんが、食欲が無くてあまり食べられないという方のために、これだけは!という食材をご紹介します。

単品でもさっと食べられるものを集めたので、それぞれの食事で少しずつ取り入れてみてください。

トマト

トマトに含まれるリコピンは、エイジングケアに良い効果を発揮します。高い抗酸化作用があり、活性酸素という、老化を進めたり病気を引き起こす原因となる有害な物質を取り除いてくれる効果が期待できるからです。

またトマトに含まれるクエン酸が疲労回復をサポートし、夏の疲れを癒してくれます。

トマト
トマトの栄養と効能

ナス科ナス目のトマトは、何にでも使える万能野菜!生でも加熱調理しても食べられる野菜です。栄養も豊富で様々な形や大きさがあり、赤い色が特徴です。彩りが欲しい食卓で活躍します。

バナナ

疲労を感じるときは、エネルギーが足りていないのかも知れません。バナナはアスリートもよく食べているように、スポーツの前や合間に食べると効果的です。

バナナは栄養価が高く、すぐに消化されてエネルギー源となるので、大変おすすめです。

クエン酸、ハチミツ

レモンなど、柑橘類に含まれているクエン酸は新陳代謝を活発にして、体の老廃物を排出する役割をしてくれます。

また、ハチミツもとても栄養価が高く、疲れているときはレモンのハチミツ漬けも効果的です。ハチミツの栄養素とレモンのクエン酸が合わさり、さらに疲労回復効果が期待できます。

疲労回復が期待できそうなサプリメント

分かっていても、毎日の食事で必要な栄養素を全て摂取することは、やはり大変です。そこでサプリメントなどをうまく活用して、疲労回復に役立てるのもいいかもしれません。

↓日本予防医薬のイミダペプチド

魚は泳ぐために尾ビレを動かしますし、鳥は飛ぶために胸を動かします。彼らはなぜ動き続けられるのか?疲労回復のヒントがあるのでは?という着眼からできたサプリメントです。「イミダペプチド」という持久力を保つために重要な成分が含まれているのが特徴です。

食事をしっかり摂っている方でも効果を実感できない場合は、こういったサプリメントを試してみても良いかもしれませんね。

まとめ

疲労を溜めてしまったときの対策方法と、おすすめの食材をご紹介しました。少しずつの意識が格段に次の日のコンディションに関わってきますので、ぜひ試してみてください。

仕事にプライベートに忙しいときも、しっかりと疲れを癒して充実した日々を過ごしてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

へぇー!ためになった!と思ったら、この記事をぜひシェアしてください

解決野菜のフィード登録はこちらから

関連するお役立ち情報

全てのお役立ち情報一覧を見る

スポンサーリンク