野菜と果物の違い、あなたは分かりますか?色々な定義を調べてみました!

野菜と果物の違いイメージ

スポンサーリンク
 

はじめに

野菜と果物の違いって何?」という疑問は、単純なようで実はよくわからないですね。

キャベツやトマトは野菜で、リンゴやバナナは果物などと、明確に決まっているように見えて、「では、どういうものが野菜で、どういうものが果物ですか?」と聞かれると、答えに詰まります。

イチゴやメロン、スイカは野菜なのでしょうか、それとも、果物なのでしょうか。知っているようで意外と知らない、野菜と果物の違いについてまとめてみました。

野菜と果物の定義とは?

野菜と果物には、実はこれという定められた定義があるわけではありません。いろいろな分野でいろいろな定義の仕方があり、分野が変われば定義も変わる曖昧なものなのです。

では、野菜と果物のいろいろな定義の仕方について、見てみましょう。

辞書の定義

辞書による野菜と果物の定義イメージ

まずは、広辞苑における言葉の定義を見てみます。

  • 「野菜」生食、または、調理して、主に副食用とする草木作物の総称
  • 「果物」草木の果実の食用となるもの

あまり、はっきりとした定義にはなりません。これでは、イチゴやメロン、スイカが野菜なのか果物なのかは、わかりませんね。

農林水産省の定義

農林水産省による野菜と果物の定義イメージ

「茎やつるになるものが野菜」、「樹木になるものが果物」という定義があります。これは納得できそうな定義です。この定義によると、イチゴやメロン、スイカは野菜ということになりますね。

この定義は農林水産省による作物の分類の定義で、作物の作付面積などを管理する時に使う分類なんだそうです。

ですから農林水産省の定義によると、イチゴやメロン、スイカは「果実的野菜」に分類します。生産者たちからすると、イチゴやメロン、スイカは「野菜」なのですね。

参考:「野菜と果物の違いを教えてください。また、すいか、メロンは野菜、果物のどちらですか。:農林水産省」

そして、「野菜は実や根、葉などの様々な部分を食べる」「果実は実しか食べない」という考え方もあります。

確かに、野菜にはホウレンソウやコマツナなどの葉の部分を食べるもの、ダイコンやジャガイモなどの根の部分を食べるもの、トマトやキュウリなど実の部分を食べるものがあります。

しかし、果物は実の部分しか食べませんね。これは、なぜか納得感のある分類の仕方です。

もし、子供に「野菜と果物の違いって何なの?」と聞かれてしまったら、ここに書かれていたことを参考に答えてみてください。

野菜と果物の栄養価の違いとは?

野菜と果物の違いと言えば、もう一つは栄養価の違いがあります。

「果物は野菜の代わりにはならない。だから、果物だけじゃなくて、野菜も食べなさい。」

と、子供のころから良く言われたことがあるのではないでしょうか。具体的に野菜と果物では含まれる栄養素にどんな違いがあるのかを見てみましょう。

野菜に多く含まれる栄養素

野菜イメージ

野菜に含まれる栄養素として多く含まれるのは、次のような栄養素です。

  • タンパク質
  • 無機質
  • ビタミン
  • 食物繊維(特に不溶性食物繊維)
  • ミネラル
  • カリウム
  • カルシウム

そして、これらの栄養素のほとんどは、果物に含まれていることもありますが、野菜の方がよりたくさんの量を含んでいます。ですから、果物だけでは野菜の代わりにはならないというのは、本当のことのようです。

果物に多く含まれる栄養素

果物イメージ

果物に含まれる栄養素として多く含まれるのは、次のような栄養素です。これらの栄養素も、もちろん人間の体に無くてはならないものです。

  • エネルギー
  • ブドウ糖
  • 果糖
  • 糖質
  • 炭水化物
  • クエン酸
  • リンゴ酸

しかし、これだけだと、ビタミンやミネラル、カルシウム、食物繊維などの栄養素が不足してしまいます。

また、果物には糖分が多く含まれているため、果物ばかり食べ過ぎると太ってしまいます。

野菜と果物の栄養価は大きく異なり、どちらの栄養素も人間の体には欠かせません。ですから、野菜も果物もバランスよく食事に取り入れることが重要のようです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

へぇー!ためになった!と思ったら、この記事をぜひシェアしてください

解決野菜のフィード登録はこちらから

関連するお役立ち情報

全てのお役立ち情報一覧を見る

スポンサーリンク