酵素とは何なのか?どんな効果があるのか?調べてみました!

野菜の酵素イメージ

スポンサーリンク
 

はじめに

最近よく聞くようになった「酵素」という言葉、なんだか体に良さそうですが、実際どうなのでしょうか。

そもそも酵素とは何なのか、どんな効果があるのか、どうすれば酵素を体に取り入れることができるのかなどなど、酵素についての疑問を解消したいと思います。

酵素って何?

酵素イメージ

三大栄養素と言われる炭水化物、脂肪、タンパク質、そして、ビタミンやミネラルなど、人間の体に必要な栄養素はたくさんあります。

酵素は、これらの栄養素という扱いとは少し違います。酵素そのものはタンパク質からできていますが、酵素は人間の体の中で起こる消化吸収や代謝など、あらゆる生体反応を行うために必要な物質です。

人間が体の中に取り入れた食べ物から栄養素を摂りだしたり、エネルギーを生み出したりするために必要なのが、酵素なのです。

酵素には人間の体の中に存在する「消化酵素」と「代謝酵素」、食べ物などの中に存在する「食物酵素」があります。

消化酵素は食べたものから栄養を吸収してエネルギーを作り出す働きがあり、そのエネルギーを使って体の中の細胞を修復したり内臓器官を維持したりするのが代謝酵素です。

野菜の酵素は食物酵素にあたりますが、一つの酵素は一つの栄養素しか分解できないという性質があります。そのため、酵素の種類はわかっているだけでも3000種類以上にもなるのです。

野菜の酵素の驚きの効果とは?

酵素がどういうものかわかったところで、酵素による効果について見てみましょう。

基礎代謝を高めてくれる

基礎代謝を高めるイメージ

人は年を取るとだんだん体内の代謝が落ちていきますが、それは体内の消化酵素が年齢とともに減少してしまうから。

不足した消化酵素を補うために、野菜の酵素は役に立ちます。野菜の酵素を体内に取り入れることで、基礎代謝が高まるのです。

基礎代謝が上がると、便秘解消効果や血液サラサラ効果も期待ができますし、冷え性の予防にもなります。体の基礎代謝を高めると、様々な体の不調が回復し、体を丈夫にしてくれるのです。

美肌効果

美肌効果イメージ

女性にとって、肌の代謝を高めることは美肌につながります。古い肌が剥がれ落ちて新しい肌が生まれてくる肌のターンオーバーは、体内の代謝が良くないと正常に行われません。

体内に酵素をたくさん取り入れれば肌の代謝能力がアップし、新しい肌に生まれ変わりやすくなります。そして、肌のトーンが明るくなり、ハリや弾力が生まれるのです。

便秘の予防効果がある

便秘イメージ

体内で消化酵素が不足すると、食べたものがきちんと消化されず、消化不良になります。

酵素不足のために消化しきれなかったものは、腸内で悪玉菌になり腸内環境を悪化させます。腸内で増えた悪玉菌により善玉菌は減り、便秘を起こしてしまうのです。

酵素をしっかり補っておけば消化不良を起こすこともなく、便秘を予防することができるでしょう。

どうすれば酵素を体に取り入れることができるの?

毎日手軽に酵素を体に取り入れるためには、どうしたら良いのでしょうか。

酵素ジュースを作る

ジュースイメージ

酵素はいろいろな食材に含まれていますが、46~48度の熱で壊れてしまうという性質があるので、できるだけ生の食材を食べる必要があります。

酵素を手軽に摂る方法の代表的なものは、酵素ジュースを作る方法。朝、バナナやリンゴなどをミキサーにかけて飲むだけで、酵素をたっぷり体に取り入れることができます。

天日干しした食品を食べる

ドライフルーツイメージ

酵素を摂るためには生の食材が良いのですが、あまり生野菜やフルーツばかり食べると体が冷えてしまいますよね。

そんな時は、ドライフルーツや干しシイタケなど、天日干しした食品がおすすめです。また、自宅で野菜を天日干しにしたものを料理に使うと酵素を摂れますし、天日干しにすることで栄養価がアップしますので、ぜひ試してみましょう。

サプリメントで取り入れる

生の野菜やフルーツをたくさん食べる暇がない、という人は、サプリメントがおすすめ。基本は食事から酵素を摂る方が良いのですが、補助的にサプリメントを使えば、毎日無理なく酵素を補うことができます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

へぇー!ためになった!と思ったら、この記事をぜひシェアしてください

解決野菜のフィード登録はこちらから

関連するお役立ち情報

全てのお役立ち情報一覧を見る

スポンサーリンク