野菜を食べ過ぎると体はどうなってしまうのか、調べてみました!

野菜を食べ過ぎるとどうなる?イメージ

スポンサーリンク
 

はじめに

野菜は、体の健康を保つために必要不可欠な栄養素を含んでいます。しかし、いくら体に良い食べ物であっても、食べ過ぎるのは良くありません。野菜だって食べ過ぎると体を壊してしまうのです。

野菜を食べ過ぎる、また、野菜以外のものを食べないで野菜だけで生活すると、どのような悪影響が体に起こるのかを見てみましょう。

便秘になる

便秘イメージ

野菜をしっかり食べると便秘になりにくいはずなのですが、逆に野菜を食べ過ぎると便秘になってしまうのは意外です。

野菜に含まれる食物繊維は、摂りすぎると腸内で水分を吸収してしまいます。すると、便の水分が不足して固くなり過ぎ、便の出が悪くなるのです。

また、野菜ばかり食べて肉や魚などを食べないと、脂分が体内から不足して腸内の便の動きが悪くなります。脂分の摂りすぎは体によくありませんが、全く摂らないのも良くありません。

野菜の食物繊維が多すぎると、腸に大きな負担を与えてしまうのですね。

ガスが溜まる

ガスが溜まるイメージ

食物繊維が多い野菜が腸内で分解されると、ガスを発生させやすくなります。ですから、野菜を食べ過ぎるとお腹の中に大量のガスが溜まり、お腹が張っておならが出やすくなるのです。

特にガスが溜まりやすい野菜は、ジャガイモやサツマイモなどのイモ類や豆類、セロリやレンコンなどです。

ジャガイモ
ジャガイモの栄養と効能

ジャガイモはナス科ナス属で、米・麦・トウモロコシと並び「世界の4大作物」とも呼ばれているほど、世界ではメジャーな食材です。様々な調理法があり、親しまれている野菜の1つです。

サツマイモ
サツマイモの栄養と効能

ヒルガオ科サツマイモ属のサツマイモは、秋になると食べたくなりますね。スイートポテトや焼き芋はもちろん、てんぷらや煮物など、おかずとしても活躍します。

ガスがお腹に溜まるだけでも嫌なものですが、ガスが溜まった状態を長く放置してしまうと、腸内に毒素がどんどん溜まっていきます。腸内環境は体全体に影響すると言いますから、大事な腸への負担は避けたいものです。

体が冷える

体が冷えるイメージ

野菜の食べ過ぎでよく起こるのが、体の冷えです。レタスやキャベツ、キュウリ、トマトなど、生のままで野菜を食べると体を冷やします。

キャベツ
キャベツの栄養と効能

キャベツはアブラナ科アブラナ属の多年草の野菜で、1年を通して出荷されます。生食でも加熱してもおいしい野菜で、和・洋・中様々な料理で使うことができる野菜の1つです。

キュウリ
キュウリの栄養と効能

ウリ科キュウリ属のキュウリは夏に欠かせない野菜です。みずみずしくさっぱりしていて、いくらでも食べられます。その隠れた実力が近年明らかになってきました。

トマト
トマトの栄養と効能

ナス科ナス目のトマトは、何にでも使える万能野菜!生でも加熱調理しても食べられる野菜です。栄養も豊富で様々な形や大きさがあり、赤い色が特徴です。彩りが欲しい食卓で活躍します。

また、野菜にはカリウムという成分が多く含まれていますが、このカリウムは体内のナトリウム、つまり塩分を体の外に排出する働きがあります。ナトリウムは体を温めてくれる働きがありますから、ナトリウムが排出されることで体が冷えてしまう面もあります。

お腹が痛くなる

お腹が痛くなるイメージ

食物繊維が多く消化しにくい野菜を大量に食べると、消化不良を起こすため、お腹が痛くなります。冷えた生野菜を多く食べ過ぎても、お腹が痛くなってしまいそうです。

野菜の食べ過ぎで太る

野菜の食べ過ぎで太るイメージ

野菜の食べ過ぎで太るかどうかということは、食べ過ぎる野菜の種類にもよります。

ジャガイモやサツマイモなどのイモ類、大豆やえんどう豆などの豆類は「糖質」が高いです。外国では、ジャガイモなどのイモ類が主食になっている国もあるくらいです。

また、キャベツは一見カロリーが低そうに見えますが、実は意外と糖質の高い野菜です。このような糖質の高い野菜を食べ過ぎると、太ってしまうでしょう。

どんな野菜を食べると痩せやすいのか?太りやすいのか?ということについては、下記の記事を参照ください。

食べると太る野菜と痩せる野菜がある?野菜ダイエットの注意点とは?
食べると太る野菜と痩せる野菜がある?野菜ダイエットの注意点とは?

野菜はダイエット食というイメージがありますが、すべてがそうとも言い切れないようです。食べ過ぎると太ってしまう野菜もあり、逆に食べれば痩せる野菜もある?真相をまとめてみました。

栄養失調になる

栄養失調になるイメージ

ほぼ野菜のみで生活していると、炭水化物・タンパク質・脂質という人間の体に必要不可欠な三大栄養素が不足します。すると、体を形作る原料が不足し、エネルギーを生み出すことができなくなるため、栄養失調になってしまいます。

また、ホウレンソウやコマツナなどにも鉄分は含まれていますが、一般的には野菜より肉類などの鉄分の方が、体内に吸収されやすい性質があります。そのため、野菜だけだと鉄分が不足し、貧血になります。

ホウレンソウ
ホウレンソウの栄養と効能

ホウレンソウはヒユ科アカザ亜科に属する野菜です。ホウレンソウと言えば「おひたし」でしたが、洋風メニューでも大活躍します。ホウレンソウは、葉物野菜の代表選手です。

コマツナ
コマツナの栄養と効能

アブラナ科アブラナ属のコマツナは、緑黄色野菜の中でも含まれている栄養素がトップクラスで、実はホウレンソウよりも栄養があるのです。

野菜の栄養素だけでは、体を維持することはできないということなのです。

カリウム過多による筋肉の異常と突然死

野菜にはカリウムが多く含まれています。野菜を食べ過ぎると、カリウムの過剰摂取が起こることがあります。

カリウムには筋肉の動きを正しく保つ働きがありますが、カリウムを過剰摂取すると筋肉をうまく動かせなくなってしまいます。手や足に力が入らなくなり、脱力感を伴うこともあります。

そして、腎臓が機能しない腎不全の人がカリウムを過剰摂取すると「高カリウム血症」になり、突然死してしまう可能性もあります。

ほど良く、バランス良く、が基本

野菜に限らず、ではありますが、食べ物はバランス良く摂取していくことが大原則です。

例えば野菜に含まれる栄養素、カリウム1つを取ってみても、体内の過剰な塩分を排出する優れた面もある一方で、体を冷やす効果もあります。

生、煮る、焼く、蒸す、炒めるなど、調理の仕方によっても摂取しやすい栄養素が変わりますので、やはり○○だけ、などの極端な食生活は控えた方が良さそうです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

へぇー!ためになった!と思ったら、この記事をぜひシェアしてください

解決野菜のフィード登録はこちらから

関連するお役立ち情報

全てのお役立ち情報一覧を見る

スポンサーリンク