すっきりとした香りと辛味が魅力!ショウガの栄養と体への効能

ショウガイメージ

ショウガ科ショウガ目のショウガは、魚や肉などの臭み消しに使われます。生で使う場合は、すりおろし、薬味として。クッキーなどの焼き菓子類にも隠し味として使用されることもあります。

そんなショウガの栄養と健康効果、歴史をまとめました。

スポンサーリンク
 

ショウガの起源と歴史

熱帯アジア原産の香味野菜です。中国では紀元前500年頃から薬として使用され、今でも漢方薬の成分として利用されています。日本へは呉の時代に伝わったといわれています。

ヨーロッパでは、ハーブやアロマテラピーとして使用されています。

ヨーロッパへ伝わった当初は貴重な香辛料で、高値で取引されていたという歴史もあります。その後は一般的に使われるようになり、クッキーやジンジャービアなどの飲食物が生まれました。

ショウガの種類

単純に分類すると、大生姜、中生姜、小生姜になります。

国内生産量の90%を占めるのが「大生姜」で一株が1kg以上にもなります。一般的に流通しているのはこの種類です。

中生姜は、主に漬物に利用されることが多く、大生姜よりもほんのりと辛味を感じます。

早い段階で収穫されるのが小生姜で、強い辛味が特徴です。

ショウガの食感

シャキシャキとした食感があります。すりおろしたものが特に繊維質を感じやすいでしょう。

ショウガの旬と有名な産地

旬は11月ですが、ビニールハウスでの栽培も5月から8月にかけて行われます。

根ショウガは高知、熊本、和歌山で、葉ショウガは千葉、静岡、茨城などで生産が盛んです。

熱帯アジアが原産のショウガは、温暖湿潤で平地が少ない場所での栽培が適しています。高知の地形は根ショウガの栽培向きで、現在の国内生産量の40%以上が高知産です。

良いショウガの選び方

皮にシワがなく、つやのあるものを選びましょう。

良いショウガイメージ

皮が乾燥し、なめらかでないものは避けたほうがいいでしょう。

ショウガに含まれる栄養素

目立つものは特にありません。

ビタミン類とカリウムを若干含んでいますが、90%が水分です。

ショウガによる健康効果

ジンゲロールによる末端冷え性の改善

辛さの元であり、生のショウガに含まれているジンゲロール。血管を拡張させ、血の巡りを良くするといわれています。

手足などの末端に熱が伝わるようになるので、末端冷え性の改善につながると考えられます。

冷え性改善についてはヒントを以下にまとめてみましたので、併せてご覧ください。

冷え性を改善する方法を考えよう!夏も冬も寒いからおさらば
冷え性を改善する方法を考えよう!夏も冬も寒いからおさらば

夏も冬も寒い冷え性。近年は女性だけでなく、男性も増えてきています。何が原因で、どのような対策方法があるのか調べてみました!

また血の巡りが良くなることで、血行不良から起きていた肩こりや頭痛などの改善も期待できます。

ジンゲロンによる血行促進効果

ジンゲロールを加熱したり、乾燥したりするとジンゲロンになります。ショウガを摂取した後に、体が一瞬熱く感じるのはジンゲロンによるものです。血行の促進や、体の保温効果への期待もあります。

また、お肌や体の組織の老化を防ぐための強い抗酸化作用もあるといわれています。

ショウガオールによる鎮痛効果

ショウガオールもまた、加熱や乾燥によってジンゲロールから作られる成分です。

生理痛などの痛みの原因となるホルモン「プロスタグランジン」の働きを抑えるといわれています。プロスタグランジンによって、血管の収縮や血行不良が起こることも。

ショウガオールを摂ることでそれを押さえ、冷えの改善にもつながる可能性があります。

ショウガの下処理と保存方法

ショウガの下処理

絞り汁を取る際には、皮の風味を活かすため、むかずにそのまますりおろしたほうが良いいでしょう。

ショウガの保存方法

低い温度と乾燥に弱いため、冷蔵庫には入れずに常温での保存がおすすめです。

乾燥を防ぐため、ラップで軽く包んだり、袋に入れて室内で保存をしたほうが痛みづらくなります。

すりおろしたものは冷凍保存をすることができます。

ショウガのおすすめの調理法

生の状態よりも、加熱、乾燥したほうがより強い抗酸化作用や消炎効果、血行改善に期待が持てます。

シンプルな摂り方は生姜湯です。

生姜湯は、ぬるめのお湯で作って飲むと風邪の引き始めに効果があります。日ごろから生姜湯を飲む習慣をつけると、体が芯から温まり免疫力を高めてくれます。

ショウガのおすすめレシピ

ハクサイと豚バラの重ね鍋
ハクサイと豚バラの重ね鍋

低カロリーで食物繊維たっぷりのハクサイ。豚バラと一緒に出汁で煮ると、さっぱりしていて食べ応えのある料理になります。切って煮るだけの、冬のド定番鍋レシピです。

ハクサイの餃子
ハクサイの餃子

冬の定番野菜の1つ、ハクサイで餃子を作ってみました。ご飯のおかずでも、お酒のおつまみでも、何でもOK。みんな大好き!混ぜて焼くだけの定番レシピです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ショウガの成分表 (100gあたり)

一般成分

カロリー 水分 タンパク質 アミノ酸組成によるタンパク質 脂質 トリアシルグリセロール当量 飽和脂肪酸 一価不飽和脂肪酸 多価不飽和脂肪酸 コレステロール 炭水化物 利用可能炭水化物 水溶性食物繊維 不溶性食物繊維 食物繊維総量 灰分
30 kcal 91.4 g 0.9 g 0.7 g 0.3 g 0.2 g 0.08 g 0.06 g 0.06 g 0 mg 6.6 g 4.2 g 0.2 g 1.9 g 2.1 g 0.7 g

無機質

ナトリウム カリウム カルシウム マグネシウム リン 亜鉛 マンガン ヨウ素 セレン クロム モリブデン
6 mg 270 mg 12 mg 27 mg 25 mg 0.5 mg 0.1 mg 0.06 mg 5.01 mg 0 µg 1 µg 1 µg 6 µg

ビタミンA

レチノール α-カロテン β-カロテン β-クリプトキサンチン β-カロテン当量 レチノール活性当量
0 µg 1 µg 4 µg 0 µg 5 µg 0 µg

ビタミンE

α-トコフェロール β-トコフェロール γ-トコフェロール δ-トコフェロール
0.1 mg 0 mg 0.8 mg 0 mg

その他ビタミン

ビタミンD ビタミンK ビタミンB1 ビタミンB2 ナイアシン ビタミンB6 ビタミンB12 葉酸 パントテン酸 ビオチン ビタミンC
0 µg 0 µg 0.03 mg 0.02 mg 0.6 mg 0.13 mg 0 µg 8 µg 0.21 mg 0.7 µg 2 mg

その他栄養素など

食塩相当量 硝酸イオン 有機酸 廃棄率
0 g 0.1 g 0.1 g 20 %

引用:文部科学省「日本食品標準成分表」

面白い!ためになった!と思ったら、この記事をぜひシェアしてください

解決野菜のフィード登録はこちらから

ショウガの関連記事

ショウガにある健康効果を持つ他の野菜

全ての野菜一覧を見る

スポンサーリンク