生でも加熱しても美味しい!セロリの栄養と体への効能

セロリイメージ

特徴あるすっきりとした香りとシャキシャキの食感が癖になる!セリ科セリ目のセロリ。独特な香りは肉料理の臭い消しとしても使われます。

サラダ、スープ、肉料理と、生でも火を通しても食べることができます。

そんなセロリの栄養と健康効果、歴史をまとめました。

スポンサーリンク
 

セロリの起源

セロリの野生種は地中海沿岸、中近東に分布していました。当初は薬用や臭い消しとしての利用が主だったのですが、17世紀にイタリアで使用されたのが野菜としての始まりです。

日本には16世紀末、加藤清正が朝鮮から持ち帰ったのが始まりといわれています。その後もオランダ船によってもたらされたとも言われていますが、本格的に消費されるようになったのは戦後。洋食の広がりと共に家庭でも気軽に使われるようになりました。

セロリの種類

独特な香りを持つ野菜です。葉の色により黄色種、中間種、緑色種とあります。

日本では中間種である「コーネル619」が主流です。長さは40cmほどで、茎は薄緑色で厚みがあります。緑色種と比べると香りがマイルドなのが特徴です。

セロリの食感

葉は柔らかく、茎はシャキッとした食感があります。茎には筋があるので、きちんと処理すると、口ざわりが良くなります。

セロリの旬と有名な産地

旬は11月から5月ですが、1年中出回っています。

国内で最も生産が盛んなのは長野県。国内生産量の約40%を占めています。静岡、愛知、福岡などでも生産されています。

良いセロリの選び方

葉にツヤのあり、茎幅が肉厚で広く、筋がしっかりと入っていて、みずみずしいものが良いセロリの特徴です。また、香りの良さも大切です。

良いセロリイメージ

一株を丸ごと選ぶ場合、株割れがなく、根元が丸みを帯びているものが良質であるといえます。ばら売りのものは、すが入っていないか、茎が内側に巻いているかを確認しましょう。

切り口が変色しているものは鮮度が落ちているので、避けたほうが良いでしょう。

セロリに含まれる栄養素

ビタミンB1、ビタミンB2、カリウムなどが含まれています。茎はビタミンU(メチルメチオニン)を有しています。

セロリによる健康効果

むくみの解消と血圧上昇の抑制効果

体内にある余分な塩分や水分の排出を促進する作用のあるカリウムが含まれています。

これにより、水分によるむくみの解消につながりやすくなったり、血圧の上昇を抑えられるといわれています。

むくみ解消についてはヒントを下記にまとめてみましたので、併せてご覧ください。

むくみをスッキリ解消!これであなたもシルエット美人に?
むくみをスッキリ解消!これであなたもシルエット美人に?

気になるむくみは、生活習慣を見直すだけで解決できる場合があります。むくみの原因から、解消に有効なお野菜や栄養素をまとめてみました。

高血圧予防についてはヒントを下記にまとめてみましたので、併せてご覧ください。

高血圧予防に効果的な方法とは?
高血圧予防に効果的な方法とは?

自覚症状が現れにくい高血圧。ですが、放っておくと様々な病気を引き起こすと言われています。医師にアドバイスをいただき、血圧を下げるのに効果的と言われる方法をまとめてみました。

むくみ解消に効果がある野菜は、他に下記があります。

トマト
トマトの栄養と効能

ナス科ナス目のトマトは、何にでも使える万能野菜!生でも加熱調理しても食べられる野菜です。栄養も豊富で様々な形や大きさがあり、赤い色が特徴です。彩りが欲しい食卓で活躍します。

ハクサイ
ハクサイの栄養と効能

アブラナ科アブラナ属のハクサイと言えば、冬のあったかいお鍋の「名脇役」。もちろん、お鍋の具だけでなくいろいろな料理に活躍する、栄養素が豊富なお野菜です。

ナガイモ
ナガイモの栄養と効能

ヤマノイモ科ヤマノイモ属のなかで、さくさくとして粘り気が少ないナガイモは、家庭料理の名脇役として親しまれています。漢方薬でも使用される、栄養満点の食材です。

ストレスの緩和などの効果

セロリの独特な香りは、アピイン、セダノライド、ピラジンなどの成分によるものです。

アピインにはストレスを緩和する効果、セダノライドはがん予防に、そして葉に多く含まれるピラジンには血液をサラサラにする効果があるといわれています。

抗ストレス力アップに有効な野菜は、下記があります。

カリフラワー
カリフラワーの栄養と効能

アブラナ科アブラナ属のカリフラワーは、白い蕾が集まってできた野菜です。ブロッコリーに押され気味ですが、ゆでても壊れないビタミンCが豊富です。

キャベツ
キャベツの栄養と効能

キャベツはアブラナ科アブラナ属の多年草の野菜で、1年を通して出荷されます。生食でも加熱してもおいしい野菜で、和・洋・中様々な料理で使うことができる野菜の1つです。

シメジ
シメジの栄養と効能

シメジにはブナシメジとホンシメジがありますが、実は分類が異なる別物です。私たちが普段口にするのは、ほとんどが人工栽培されたブナシメジです。

胃腸を整える効果

ビタミンUはキャべジンとも呼ばれ、胃酸の分泌を抑えたり、胃腸の粘膜を修復の効果が期待できます。

セロリの下処理と保存方法

セロリの下処理

セロリの表面の筋は硬いため、取り除きましょう。生で食べる場合は、切った後に冷水に入れたり、冷蔵庫で冷やすなどをすると歯ざわりが良くなります。痛むのが早いため、2,3日中に消費するのが望ましいでしょう。

葉を付けたまま保存すると茎にすが入ります。葉と茎は切り離し、別の袋に入れましょう。

セロリの保存方法

茎の根元を湿らせたクッキングペーパーなどで包んでおくと、みずみずしさが保てます。立てるようにして冷蔵庫に保存するとより良いでしょう。

薄切りにして冷凍庫に入れれば、2週間は保存ができます。

セロリのおすすめの調理法

茎に含まれるビタミンUは酸性で壊れにくいため、酢を使用した料理が良いでしょう。香味野菜なので、香り付けや臭い消しにも適しています。葉に近い部分の方が、茎よりも香りが強いため、シューや肉料理には適しています。おすすめはピクルスです。

作り方は、セロリを一口サイズに切り、軽くゆでます。熱には弱いので、長くても5分程度にしてください。

次に、切ったトマトとレモンと合わせて、コショウを振ります。酢、水、砂糖、塩、ローリエで作ったピクルス液に浸ければ完成です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

セロリの成分表 (100gあたり)

一般成分

カロリー 水分 たんぱく質 アミノ酸組成によるタンパク質 脂質 トリアシルグリセロール当量 飽和脂肪酸 一価不飽和脂肪酸 多価不飽和脂肪酸 コレステロール 炭水化物 利用可能炭水化物 水溶性食物繊維 不溶性食物繊維 食物繊維総量 灰分
15 kcal 94.7 g 0.4 g 0.4 g 0.1 g 0.1 g 0.02 g 0 g 0.03 g 0 mg 3.6 g 1.4 g 0.3 g 1.2 g 1.5 g 1 g

無機質

ナトリウム カリウム カルシウム マグネシウム リン 亜鉛 マンガン ヨウ素 セレン クロム モリブデン
28 mg 410 mg 39 mg 9 mg 39 mg 0.2 mg 0.2 mg 0.03 mg 0.11 mg 1 µg 0 µg 0 µg 2 µg

ビタミンA

レチノール α-カロテン β-カロテン β-クリプトキサンチン β-カロテン当量 レチノール活性当量
0 µg 0 µg 44 µg 0 µg 44 µg 4 µg

ビタミンE

α-トコフェロール β-トコフェロール γ-トコフェロール δ-トコフェロール
0.2 mg 0 mg 0 mg 0 mg

その他ビタミン

ビタミンD ビタミンK ビタミンB1 ビタミンB2 ナイアシン ビタミンB6 ビタミンB12 葉酸 パントテン酸 ビオチン ビタミンC
0 µg 10 µg 0.03 mg 0.03 mg 0 mg 0.08 mg 0 µg 29 µg 0.26 mg 1.2 µg 7 mg

その他栄養素など

食塩相当量 硝酸イオン 有機酸 廃棄率
0.1 g 0.2 g 0 g 33 %

引用:文部科学省「日本食品標準成分表」

面白い!ためになった!と思ったら、この記事をぜひシェアしてください

解決野菜のフィード登録はこちらから

セロリの関連記事

セロリにある健康効果を持つ他の野菜

全ての野菜一覧を見る

スポンサーリンク