近年見直された栄養効果!エノキタケの栄養と体への効能

エノキタケイメージ

キシメジ科エノキタケ属のエノキタケ。白く細長いのは、日光に当てないで育てているからです。野生のエノキタケは、カサが茶色くナメコのような姿をしています。

スポンサーリンク
 

エノキタケの起源

エノキタケは、アジアからヨーロッパ、アフリカなどかなり広い地域に分布しています。

日本でも古くから自生しており、食用されていました。江戸時代までは自生したエノキタケを食べていましたが、明治時代になると原木栽培が始まり、昭和に入っておがくずを使った大量生産が可能な菌床栽培が行われるようになりました。

そして、現在のような白く細長いエノキタケが広く食べられるようになりました。

エノキタケの種類

よく店頭で売られている乳白色でカサが小さく枝が細長いエノキタケは、菌床栽培で作られたものです。

以前は暗い部屋の中で育てて白くしていましたが、近年は日光に当てても白いまま育つ品種が出てきました。

栽培用と野生のエノキタケを交配してつくられた、カサの部分が茶色いエノキタケもあります。白いエノキタケよりも野性味があり、天然もののエノキタケに近い風味です。

エノキタケの旬と産地

エノキタケの旬は冬ですが、栽培物は一年中店頭で買うことができます。

エノキタケの生産量は、長野県が約63%を占めています。

良いエノキタケの選び方

良いエノキタケは綺麗な乳白色で張りがあり、カサが小さめで開いていないものです。

良いエノキタケイメージ

べとべとしていたり変色したりしているものは、鮮度が落ちています。

エノキタケに含まれる栄養素

エノキタケは見た目が白く、栄養素など無いと、ずっと思われてきました。ところが、そんなエノキタケの栄養効果は近年見直され、豊富な食物繊維やビタミンB群などが含まれていることがわかっています。

そんなエノキタケの健康効果を見てみましょう。

エノキタケによる健康効果

腸内環境改善と便秘解消

エノキタケには100gあたり3.9gの食物繊維が含まれています。水溶性より不溶性の食物繊維が多いため、腸内の老廃物を吸着して便として排出させる効果が高くなっています。

さらに、エノキタケには「キノコキトサン」と言われるβグルカンやキトサンが複合した、食物繊維の一種も含まれています。このキノコキトサンの整腸作用により、腸内にある善玉菌の増加が見込め、腸内環境の改善が期待できます。

免疫力アップ

エノキタケに含まれるβグルカンやキトサンには、免疫細胞を活性化させる働きがあります。

また、エノキタケに含まれる糖タンパク質である「EA6」という物質には、がんの抑制作用があると考えられています。

豊富な鉄分で貧血予防

エノキタケには、100gあたり1.1mgという豊富な鉄分が含まれています。これは、鉄分が多いと言われているシュンギクやクレソンと同程度です。

さらに鉄分だけでなく、葉酸や亜鉛など、血液を作り出すのに欠かせない成分も含まれています。

そのため、エノキタケは高い貧血予防効果が期待できる食材と言えます。

疲労回復

エノキタケにはビタミンB1の含有量が100gあたり0.24mgと、キノコの中でもトップクラスです。

糖質をエネルギーに変えるために欠かせないビタミンB1は、エネルギーの供給をスムーズにしてくれるため、疲労回復に役立ちます。

エノキタケのおすすめ調理法

エノキタケは水で洗わず、汚れを軽く落とせば十分です。日持ちしないので、2~3日で使い切りましょう。小分けにして冷凍保存することもできます。

エノキタケに含まれているタンパク質は、生のままだと血を溶かしてしまう作用がありますから、必ず加熱してから食べるようにします。

サッと加熱するとシャキシャキとした食感を楽しめますし、じっくり煮詰めるとトロリとした「なめたけ」になります。みりんや砂糖、醤油など自分の好みの分量で味付けすれば、オリジナルのなめたけを作ることができます。

鍋物や炒め物、煮物などにも使えますし、和え物やお浸し、パスタ、汁物など、いろいろな料理に合います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

エノキタケの成分表 (100gあたり)

一般成分

カロリー 水分 たんぱく質 アミノ酸組成によるタンパク質 脂質 トリアシルグリセロール当量 飽和脂肪酸 一価不飽和脂肪酸 多価不飽和脂肪酸 コレステロール 炭水化物 利用可能炭水化物 水溶性食物繊維 不溶性食物繊維 食物繊維総量 灰分
22 kcal 88.6 g 2.7 g 1.5 g 0.2 g 0.1 g 0.02 g 0.01 g 0.08 g 0 mg 7.6 g 1 g 0.4 g 3.5 g 3.9 g 0.9 g

無機質

ナトリウム カリウム カルシウム マグネシウム リン 亜鉛 マンガン ヨウ素 セレン クロム モリブデン
2 mg 340 mg 0 mg 15 mg 110 mg 1.1 mg 0.6 mg 0.1 mg 0.07 mg 0 µg 1 µg 0 µg 0 µg

ビタミンA

レチノール α-カロテン β-カロテン β-クリプトキサンチン β-カロテン当量 レチノール活性当量
0 µg 0 µg 0 µg 0 µg 0 µg 0 µg

ビタミンE

α-トコフェロール β-トコフェロール γ-トコフェロール δ-トコフェロール
0 mg 0 mg 0 mg 0 mg

その他ビタミン

ビタミンD ビタミンK ビタミンB1 ビタミンB2 ナイアシン ビタミンB6 ビタミンB12 葉酸 パントテン酸 ビオチン ビタミンC
0.9 µg 0 µg 0.24 mg 0.17 mg 6.8 mg 0.12 mg 0 µg 75 µg 1.4 mg 10.6 µg 0 mg

その他栄養素など

食塩相当量 硝酸イオン 有機酸 廃棄率
0 g 0 g 0 g 15 %

引用:文部科学省「日本食品標準成分表」

面白い!ためになった!と思ったら、この記事をぜひシェアしてください

解決野菜のフィード登録はこちらから

エノキタケにある健康効果を持つ他の野菜はこちら

全ての野菜一覧を見る

スポンサーリンク